ゴムバンド療法

ゴムバンド療法は自分で出来る自己療法

数回の施術で解消するような、軽い症状の方は別にして、慢性化し歪んで硬くなった骨盤や、しつこい腰痛を、少しでも早く改善したい方には、ゴムバンド療法をおすすめします。

反対に、軽い症状の人は、これだけで楽になってしまうくらいの優れものです。

自分自身で努力した分だけ健康になり、また本人の治そうとする前向きな気持ちが、早期の改善につながり、施術回数も少なく済みます。

改善後の予防、ケアにも最適です。
その方の症状によって巻き方、巻く強さ、細かいコツなどがありますので、解るまで何回でも親切・丁寧にご指導させていただきますので、ご安心ください。

またメールでの使用法などの質問やご相談も受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

ゴムバンド療法とは

ゴムバンド療法は「骨盤調整(整体)」の自己療法として約40年前に考案されたものです。
痛みの根源である骨盤の歪みを、自分自身で正すことができる、古くて新しい簡単な自己療法です。
もともと、ゴムバンド療法は身体の治療のために考案されたものですが、最近では美容・ダイエット目的で骨盤矯正をする女性も多く、その場合、骨盤矯正とバンド運動を合わせるのが一番効果的です。

ゴムバンド療法の4つの効果
  • "巻いたりはずしたりによる血液循環促進効果"
  • "ゴムの収縮性が深部まで届く指圧効果"
  • "巻いて腰を回すことによる関節の矯正効果"
  • "腰の痛い時、立ち仕事の時の筋肉の代用"

ゴムバンド療法のやり方

ゴムバンドを気持ちが良いと感じる強さで症状に適した巻き方をして、最初は左30回、右30回くらいづつ、できれば朝・晩行ってみて下さい。
慣れてきたら、痛みや疲れと相談しながら、少しづつ回数を増やしてみて下さい。
これだけで慢性腰痛や坐骨神経痛などが改善する人もいるくらいスグレモノです。

※痛みのある時は、決して無理をなさらないで下さい。
 また、急にたくさんやれば、すぐに良くなるといったものではありません。
 自然治癒力が働くまで、コツコツ続けることが大切です。

※症状に適した巻き方を一部紹介していますので、参考にして下さい。

ゴムバンド療法の5つの巻き方

①腰痛などで骨盤を正す、基本の巻き方です。

②ヘルニア・腰痛・足のシビレや、痛みがある場合の巻き方です。

③腰痛や股関節症をもっている方に効果的な巻き方です。

④肩こり・五十肩・手・腕のシビレや痛みがある場合の巻き方です。

 

⑤ぎっくり腰や、立ち仕事に最適です。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-781-6466

●診療時間:AM9:00~12:00 PM15:00~20:00
●休診日 :土曜午後、日曜、祝日

新着情報

11月15日
本日は晴れです。最高気温は17度です。  
 
※しばらくの間、日曜日、月曜日は休診させていただきます。
 

アクセス

048-781-6466
住所

埼玉県上尾市向山3-35-23
JR上尾駅西口徒歩20分